go my way*by my pace

A型彼氏と結婚したワガマママイペースB型の私が書く日常日記☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うらにまわす

ひさびさ烈


三河弁講座裂



いってみましょぉ~連




ちなみに、今までの三河弁ネタ鍊は★こちら★から見たってね




今回のはたぶん、標準語圏の人は特に「は?」って思うんちゃぅかな令








桜らいん

これは学校でよくある会話。



「これうらにまわして~」



と、手渡されたものはプリントの束






意味わかりましたかね??



授業中とかに、先生がプリントを配るとき、

一番前の席の人に、その列の人数分のプリント渡して後ろにまわしますよね??




この「後ろにまわす」ということを



うらにまわす」と言います






なので


うら→「裏」




ではなく


うら→「後」


なんです(○´ω`○)ノ劣





もちろん、「表と裏」という風にも使います。

が、「後ろ」という意味で使うのが三河弁裂なのです(o ̄∀ ̄)ノ






これを使って簡単に会話作ってみます勒



先生「ハイこれ、うらにまわして~」(と、プリントを適当に配る。)


生徒A「え~コレ、絶対多いら~(枚数が多いらしぃ)


先生「いいからまわしん


生徒B「ぅわ。ちょっきしじゃん?!」(適当に配っていたと思いきや、実は枚数ぴったりw)


先生ほれみん。ちゃんと数えとるだで。」





短いですが、今まで紹介した三河弁も織り交ぜてみましたw

わかりますよね??

うん。わかることにしよぅ・・・w




三河弁ネタはまだ続きますので、

よかったら楽しみにしといてくださぃな

あ、「しといて」も三河弁だね鍊




最後にランキング協力(*・人・*) オ・ネ・ガ・イ♪

人気blogランキングへ
スポンサーサイト

コメント

MIXIの足跡から来ました。
豊橋を離れて早二十年弱、「うらにまわす」と「しとく」が三河弁とは気がつきませんでした・・・。
よく普通にコミュニケーションできていたと、一人ほくそ笑みです。

*キンノブさんへ*
コメントありがとうございました!
「うら」というのは確かに三河弁だと思いますが、
「しとく」は、良く考えると三河弁じゃないかもしれなぃです(;´▽`A``
ただ「しておく」の省略形?かもです。
スイマセンil||li _| ̄|○ il||li

こんばんわ
後ろをウラって言うんですねぇ~
ちょっきしはわたしも使いますよ☆
やっぱり場所によって出ますよねぇ~
同じ関西圏でも違うって言われますもん
近くてもやっぱりイントネーションが語尾がちがったりしますしねぇ

*なおさんへ*
「ちょっきし」は、たぶん「ちょっきり」のが普通なんだと思います。
よくわかんなぃけどw
関西は、京都、大阪、滋賀でも
そこに住んでる人にとっては全然言葉違うみたぃですね??

久々の三河弁ですね☆
「うら」以外はめちゃくちゃ普通の高校生活を思い出してくれました。
自分は西三河なんですが、「うら」は初体験でした。
また新しいネタ期待してます!!

*Kらさんへ*
Kらさんは西三河だったんですね。
そちらでは「うら」は使わないですかぁ。
やっぱり東と西でもちょっと違うんですね!
なんかもっとおもしろぃ会話が作れたらよかったんですが
いちいち三河弁いれようとすると結構難しいもんですw

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。